医院からのおたより

口腔ケアと新型コロナウイルスの関係性

新型コロナウイルスの感染予防対策として、三密を避け、マスクの着用や手洗い、咳エチケット、換気等はご存知の事と思います。

それでは、口腔ケアは新型コロナウイルスの感染予防対策に重要な役割を担っている事はご存知でしょうか。

本日は口腔ケアと新型コロナウイルスの関係性についてお話ししていきます。

新型コロナを予防するうえで口腔ケアが重要な理由は以下の二つです。

1.不潔な口腔内はウイルス性肺炎のリスクが高い

食事などでむせて誤嚥すると、口の細菌やウイルスが肺に入って、ウイルス性肺炎(誤嚥性肺炎)を引き起こすことがあります。

誤嚥してコロナウイルスが肺に直接入り込むと、呼吸機能を担っている細胞に感染し、増殖して、呼吸困難に陥るほどのウイルス性肺炎を引き起こします。

また、口腔内が不潔だと、飲食する度に多量の細菌が腸に流れ込むので、腸内細菌のバランスが崩れて免疫力が下がり、ウイルス感染や肺炎などの全身疾患を発症しやすくしてしまうのです。

2.口腔内を清潔にするとコロナウイルスの侵入リスクを下げることができる

口腔内の細菌が活動を始めると、ウイルスが細菌に入り込む手助けをするタンパク質酵素を作り出します。

歯に歯垢や食べかすなどが溜まって不潔になると粘膜のバリア機能よりも細菌の活動力が強くなるので、タンパク質酵素がたくさん作られてウイルスが細胞に感染しやすくなります。

そのため口腔ケアで口腔内の生活を保ち、細菌の活動や増殖を抑えることが新型コロナウイルスの感染予防対策に繋がります。

また、ウイルス感染を重症化させないためには、免疫力を高めておくことが大切です。

そのためには咀嚼機能を良好な状態に維持しておく必要があります。

なぜなら、食べ物をしっかり噛めていないと、食べられるものが限られてきてしまい、栄養のバランスが偏り、著しい免疫力低下を招いてしまうことがあるからです。

しっかり噛めれば唾液の分泌量が増え、免疫力の助けになります。

以上のことから、口腔内の健康は体の健康に大きく関わっています。

口腔ケアをしっかり行うことにより、新型コロナウイルスへの感染リスクを極力避けることに繋がります。

一日も早い新型コロナウイルスの終息と皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

2021年のご挨拶

遅くなってしまいたが、2021年になり、早くも半月が経ちました。

今年もよろしくお願いします。

新年早々、大寒波の影響により日本海側では大雪となり、影響を受けた方もいらっしゃるかもしれません。

また、新型コロナウィルスの感染拡大に歯止めが効かず、不自由な生活を余儀なくされています。

大変な年明けになりましたが、今年も個々の感染対策は忘れずに気を引き締めて生活をしていきましょう。

当院も引き続き換気、手指消毒、検温、患者数の制限、院内の所毒等行って診療を続けて参ります。

さて、今年も診療開始から定期健診のご予約を沢山いただいておりますが、ご高齢の方、遠方にお住まいの方、在宅ワーク中の方など、医院へいらっしゃれない方が多くいらっしゃいます。

お電話でお変わりないかご連絡させていただいている方もいらっしゃいますが、そのような方の為にブログにホームケアの方法を載せさせていただいております。少しでも皆様のお力になれればと思い、衛生士一同が一生懸命考えました。

是非、参考にしてみてください。

 

 

定期健診に関して

今年も残すところ3カ月となりました。最近はめっきり肌寒くなりましたが、体調をくずされたりしていないでしょうか。

当院では引き続き常時4面換気、縮小診療をさせていただいています。

院内エアコン等空調換気設備も稼働していますが、換気のため、例年より診療室内が寒く感じる方もいらっしゃると思いますので、温かい恰好でご来院ください。

また、例年は各ユニットにひざ掛けをご用意させていただいておりましたが、今年は感染対策の為,、撤収しております。必要な方はスタッフにお声がけください。

さて、久々のブログ更新となってしまいましたが、最近よくメディアで見かける「定期健診の先延ばし」について少しお話させていただこうかと思います。

コロナ禍による定期健診の先延ばしによって、症状の悪化や進行がメディアで取り上げられているのを最近よく見かけます。

これは医科に限らず、歯科でも多くみられており、実際、現場の私達も実感しているところであります。

今年は新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、在宅ワークの患者さんも多くなりました。そのことによって、定期健診を見送られていた方も多く、特に公共機関を使って遠方からご来院いただいていた患者さんは「行きたいけどもう少し様子をみたい」そんなお声をお電話でよく聞きます。ご来院の難しい方は当院HPのブログにホームケアの記事がありますので、参考にしてください。

久々にご来院いただいた患者さんのお口を拝見すると、生活習慣の変化もあり、以前よりも口腔環境が悪化している傾向がみられます。中には虫歯が進行していたり、歯周病が悪化している方もみられ、しばらくいらしていない方の状況を、心配しております。

最近「症状が出てしまった」と、何か起きてからお電話をいただく事が多くなってきました。

例年であれば定期検診で発見、治療が出来ていたものが、重症化するようなケースも見られます。

このコロナ禍で、どういうふうに口腔内のメンテナンスをするのが、患者さんの為になるのかをスタッフ一同で話し合いをしたりもしています。

ずっと継続して、診させていただいていた患者さんに関しましては、本来であれば、今までの経緯なども把握しておりますし、これからも拝見させていただきたい。

ですが、遠方であったり、通院がどうしても難しい患者さんに関しましては、通院しやすい歯科医院に一時的に転院をしていただく方が、長い期間ケアをしない状況よりはいいのかもしれないという意見も出ております。

転院のご希望の場合、口腔内の状況をお伝えした方がいいと思いますので、一度ご連絡をいただければと思います。

口腔内の健康は全身の健康に携わるものです。

長期に渡り定期検診に来ていただいていた患者さんに何事もないよう、スタッフ一同願っております。

また、年末に近づき控えていた定期健診のご予約をしてくださる患者さんも多くなってきたように感じます。

縮小診療もあり、ご予約が少し取りずらくなってきていますので、お早目にご予約をお願いします。

 

 

 

熱中症対策に関するお願い

今年は一段と酷暑の日々が続き、皆様、夏バテなどされてはいないだろうかと心配しております。

新しい生活様式のマスクがすっかり定着し、初めての夏となるわけですが、

心配なのがニュースなどでも連日報道されている熱中症です。

当院では、ご来院時のマスクの着用を義務とさせていただいておりますが、水分補給の他、冷感タオルや保冷剤、日傘、ポータブル扇風機など、十分な熱中症対策を行ったうえ、ご来院いただきますようお願い申し上げます。

以前より、当院では常時換気を行っての診療を実施しております。

冷房器具はフル稼働させておりますが、この酷暑と換気の為、院内の気温が大変暑くなっております。冷感シートやウォーターサーバーはご用意させていただいておりますが、ご自身での対策もしっかりなさっていただくようお願申し上げます。

患者さんにはご迷惑おかけしますが、感染予防対策の為ご協力ください。

7月の診療体制についてのお知らせ

 いよいよ夏の到来を迎え、寝苦しい毎日が続いています。

東京アラートも解除となり、県外への外出も緩和されました。

七夕など季節の風物詩も多い初夏ですが、今年は例年通りとはいかず、

残念な思いでいっぱいです。

 

 当院では今後も院内への立ち入り業者含め、スタッフ一同、体調管理、

検温等しっかり行い、診療を行ってまいります。

皆様におかれましても、体調には十分にお気をつけいただき、

ご来院には水分補給、冷感マスク等で熱中症対策をしていただくよう

お願い申し上げます。

※発熱や風邪のような症状がある場合は、

ご来院をお控え頂きますようお願い申し上げます。

また、キャンセルされる際は、必ずご連絡をお願いします。

当院では7月より徐々にスタッフの出勤数を戻し、治療をおこなってまいります。

常時3面換気と感染対策等は、縮小中と変わりなく、しっかり行いながら、

密にはならないようアポイントは調節させていただきます。

 

また、自粛期間によって定期健診を控えていた患者さんも

多くいらっしゃったので、ブログでもホームケアに関する記事を

掲載してまいりました。

自粛明けに、久しぶりに拝見する患者さんの口腔内を見ると、

精神的不安による抵抗力の低下や、生活習慣が変わった事による口腔内の状況が

以前より悪化しているケースが多くみられます。

専門的クリーニングで口腔内を清潔にすることはコロナウィルスに限らず、

ウィルス性肺炎や誤嚥性肺炎の予防になると言われています。

7月から通常勤務に戻る方も多くいらっしゃると思います。

体調もきちんとご考慮いただき、お早めにご連絡下さい。

 

ご来院時は今後も受付にて、必ず手指消毒、検温、治療開始までマスクを着用等、

皆様のご協力お願い申し上げます。

 

1日でも早く笑顔を見ながら談笑出来る日が早く来ますようお祈り申し上げます。

通常通りのHIVウイルス、肝炎ウイルス感染予防対策に加え、新型コロナウイルス感染予防対策を強化しております。
患者さん毎の診療台、器具、ドアノブ等の接触部の消毒に加え、専門業者(株式会社 ニューオーダー)指導に基づく消毒法により昼休診時間及び診療終了後の2回、医院全体を密閉したうえで次亜塩素酸ナトリウムを噴霧し、一定時間経過後、拭き取り作業、換気を実施しております。

~院内の消毒作業のようす~

休診時間及び閉院後に医院を密閉し、次亜塩素酸ナトリウムの噴霧を行います。

 

次亜塩素酸ナトリウム噴霧後に中和、拭き取り作業、換気を行います。

今後ともスタッフ一同、感染予防対策を徹底してまいります。