歯科助手 池田

歯科助手になったきっかけ

一般企業に就職しておりましたが、人の健康に携わる仕事がしたいと思い医療業界に興味を持ちました。ちょうどその時期親知らずを抜く機会があり、小さい頃に通っていた歯科医院に伺いました。小さい頃から歯を削る独特の音や麻酔が苦手な上に、親知らずを抜くということでとても緊張しておりました。しかし、強張っている私に歯科助手の方がリラックスできるように話しかけてくださり、思っていたよりも疲れることなく抜歯することができました。

この経験から歯科助手と言う仕事について調べ、医師や院内のサポート業務だけではなく、患者さんと直接コミュニケーションを取ることができるという点に魅力を感じました。私も不安な気持ちで来院される患者さんに少しでも安心していただけるような環境を整えることができる歯科助手になりたいと思うようになりました。

患者さんとのコミュニケーションで心掛けていること

歯科は仰向けになった体勢で口の中を治療されるため、見えないと言うことも不安の一つに繋がると思います。その苦手を払拭できるように今からどの歯をどのように治療していくのか、どのくらい期間がかかりそうかなど患者さんにしっかり説明できるよう常に考えています。

緊張している様子があれば積極的にお話しさせていただいて、少しでも安心して治療を受けていただけるよう努力していきたいと思います。私は患者さんとしての立場から歯科助手という仕事につきましたので、どんな些細なことでもお聞かせください。

休日の過ごし方

休日は友人達と食事に出かけることが多いです。また自分で作って人に振る舞うこともあります。料理を作る際は次に何をするべきか常に考えているので、趣味を仕事にも生かせるように意識しています。

自分の歯で美味しいものを食べることでとても明るい気持ちになれるので、今後も大切にしていきたいと思います。

スキルアップのために取り組んでいること

疑問に思うことがあれば、すぐに医学書などで調べ、わからないままにしないように気をつけています。最低限の歯科用語はもちろん専門治療別の用語も学び、正確かつ迅速な診療のアシストを図ります。

歯科助手という立場ですが、院内研修だけではなく様々な研修に参加し、衛生士と同じくらいの知識で治療のサポートをができることを目指していきたいと思います。

井澤歯科クリニックを選んだ理由

面接に伺った際に、院長がスタッフ一同、患者さんの目線に立って仕事をしていると言っていました。茅場町というオフィス街の立地のため、業務中の忙しい中にお時間を作って通院してくださる方も多いです。そのため、丁寧な治療であることはもちろん、スピーディーに診察ができるよう全員が協力しあっている環境に魅力を感じました。

また院内に個室があることはもちろん、空気清浄機がそれぞれのユニットについていたり、各部屋ごとに大きな窓がついていて常時換気されている等、衛生面もしっかりと管理されている点も魅力を感じました。

整った環境に加え、院長をはじめしっかりと知識を持っている衛生士が、患者さん1人ひとりにあった治療方法を提案されていて、その中で受付や治療のサポート業務などで力になりたいと思い選ばせていただきました。