歯科衛生士 山口

歯科衛生士になったきっかけ

幼い頃、両親に連れられてよく歯科医院へ虫歯予防のためのクリーニングやフッ素を塗布に通院していました。

歯科医院独特の歯を削る機械の音や薬品の匂いに、私は治療をしないにしても、毎回緊張し、怖がっていたのです。

そんな私に気付いた歯科衛生士さんが、優しく声をかけてくださり、色々な他愛もない話をしてくれました。

おかげで自分でも緊張がみるみるうちにほどけていくのが分かり、その時歯科衛生士という職業を知りました。

そして数年後進路を考えていた時、再び歯科衛生士という職業が頭に浮かび、気になって詳しく調べると”口は全身の健康の原点”ということが分かり、一人でも多くの患者さんの健康を守りたいと思い、将来の夢が歯科衛生士にきまりました。

患者さんとのコミュニケーションでこころがけていること。

院長には入社当時から「もし自分が専門職でない患者さんなら何が不安に思うか、どうしてほしいか。」を考えなさいと言われています。

そのため歯周病の説明や治療前後の説明はどなたが聞いてもきちんと伝わり、納得できるような説明を心がけています。

またただでさえ歯科医院は緊張感や恐怖心を抱きやすい場所であるため、コミニュケーションの基本である挨拶は明るく元気にし、少しでも患者さんがリラックスできる場を作れればと考えています。

休日の過ごし方

趣味が旅行をすることなので短期、長期に関わらず出来るだけ旅行をするようにしています。

海外ではあまり言葉が通じなくとも、表情やジェスチャーで会話できることが素敵な事だと思います。

その地域でしか食べられないものを食べることも楽しみの一つです。

いくつになっても自分の歯で食事をしたいと感じています。

スキルアップのために取り組んでいること。

もし、自分自身の知識が浅いと感じるようなことがあればその事柄を後回しにせず、その日のうちに医学書を読んだり、院長、先輩歯科衛生士とディスカッションすることによって問題や疑問を明確化し、解決するようにしています。

今後は院内研修はもちろん、部外研修にも参加し、よりスキルアップを目指していくつもりです。

井澤歯科クリニックを選んだ理由

何軒かのクリニックの見学に行った際、井澤歯科クリニックは他のクリニックとは違い、スタッフ同士が密にコミュニケーションを取って連携したチーム医療を見ることができ、私もこのチームの一員となって働きたいと思いました。

以前働いていた医院では歯科衛生士担当制でなかった為、来院してくださった患者さんの顔や名前、パーソナリティも曖昧なまま、任された仕事をただこなしている感じでした。

ここでは歯科衛生士担当制を導入しており、責任を持って一人ひとりの患者さんと向き合えること、徐々に信頼関係を築いていくことによるやり甲斐を感じながら働くことができています。

またベテラン歯科衛生士が在籍しているので、全て基礎から学ぶことができ、自分の知識を伸ばせることに魅力を感じて選ばさせていただきました。