審美歯科

美しさは徹底したカウンセリングから

お口の中の治療は直接見ながら受けられないものです。どのような治療を行うのか、また治療方法を選んでいただく際にも、患者さんに理解していただきやすくするため、写真やイラスト、時には模型を使ってわかりやすく説明します。

ご不明な点などいつでも遠慮なくご質問ください。納得いただけるまでできるだけ丁寧に説明差し上げます。

器具の使用方法や治療後の注意事項など、たくさんの項目がある場合は、後から確認していただけるようプリントにまとめてお渡ししています。

保険治療は「機能回復」がすべて

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。

一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。

保険治療は、「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。

それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行うため、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。

保険が適用できないケース

  1. 治療目的以外の処置
  2. 高価な材料を使う場合

一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。

治療目的以外の処置とは、予防目的のものや、美容のみを目的としたもの、などのことです。

美しさも「大切な歯の機能」と考えます

保険適用外治療なら噛む機能の回復だけでなく、美しさも追求できます。

審美歯科は、機能的な回復だけでなく、「見た目の美しさ」、いわゆる「審美」という側面も満たす治療をです。

当院では、歯の美しさも「大切な機能」として考え、様々な材質、治療法をご提案しながら自信を持って笑うことができる歯を目指します。

この審美的な考え方は、むし歯を治療した箇所をきれいに修復することを可能にします。

特に、セラミックを使用した治療は強度と耐久性が強く、天然の白さと輝きをできる限り実現します。

ジルコニア

ジルコニアはセラミックの一種でありますが、セラミックの中でも非常に硬い材料です。ジルコニアという素材そのものはダイヤモンドの代わりとして使われるほど丈夫で、自然な透明感がある歯に適した素材です。

さらに、ジルコニアは硬いだけでなく口腔内で安定しているため、変色などの変化も少なく長期間の使用に耐えられる材料でもあります。

さらに、金属よりも軽いという利点があり、なおかつ金属ではないため金属アレルギーを持った方にもご使用いただけます。

より正確で精密な技工物を作製「ジルコンザーン」

CAD/CAMシステムを超える精度をもつ機械です。単冠からフルブリッジまでのジルコニアフレームが作れ、CAD/CAMでは難しいケースにも対応できる高精度のコピーミリングシステムです。

オールセラミックス

オールセラミックスとは、セラミックで作られたインレー、クラウンです。歯を治療した箇所をきれいにすることが可能です。

歯の色が自由に調節でき、天然の歯と同じような自然な感じを出せます。また、変色が全く起こらないのも大きな特徴です。

歯と同じ白色なので目立たず、健康的な印象を与えることが可能です。

白く美しい歯を実現「セレックシステム」

セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。 そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作 製できるので、一般的な修復物よりも経済的。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、質の高い補綴物を作製することが可能です。

GES

GESとは、体への親和性が高い純金を土台にしてその上にセラミックを焼き付けた素材です。見た目の美しさと体への親和性の両面に配慮した素材ですが、金属アレルギーの方にはご利用いただけません。

メタルボンド

金属の上にセラミックを焼き付けたクラウン(被せもの)を利用する治療法です。

セラミックは変色せず、審美性に優れた材料ですが、衝撃に弱く割れやすいという弱点があります。

一方で、金属は強度がある反面、審美性に劣るという欠点があります。
それぞれの利点が欠点を補い合う治療法ですが現代の審美治療の考え方には合わないようです。

ハイブリットセラミックス

ハイブリットセラミックスとは、セラミックスに樹脂(レジン)を混ぜ合わせた素材です。

セラミックスに比べると、審美性(色調再現性)や耐久性は若干落ちますが、健康保険適応の銀歯やプラスチック(レジン)のクラウンに比べると優れた色調を再現します。

さらに粘り強さがあるため幅広い治療に適応することができますが現代の審美治療とはかけ離れているみたいです。

ガムブリーチ

歯茎の黒い部分(メラニン色素の沈着)の除去。

術前

術後:2週間後

術前

術後:1ヵ月後