矯正歯科

矯正歯科で得られるもの

矯正歯科の目的は、不自然な位置にある歯やあごを整え、正しい噛み合わせときれいな歯並びをつくりだすことです。

美しい歯並びは、健康的で清潔感のある印象を生み出すとともに、むし歯や歯周病から歯を守るという点でも大きな意味を持っています。

美しい歯並びは、正しいかみ合わせを生みだし顎の筋肉や体のバランスにも良い影響があります。見た目の美しさだけでなく体全体を整える効果もこの矯正歯科は担っているのです。

カウンセリングを重視する矯正治療の流れ

1)矯正についての疑問をクリアにする

矯正に興味はあるけれど、わからないことだらけで・・・という方、いらっしゃいませんか?

「痛くないの?」、「費用は?」、「矯正って何歳まで可能なの?」、「どれくらいの期間?」の貴方の素朴な疑問に、無料でお答えいたします。

2)カウンセリングで患者さんの意思を伺いします

矯正治療で大切なのは、治療を始める前の患者さんとドクターとの意思疎通です。貴方の意思や希望を十分把握する為、じっくりとヒアリングを行います。

また、具体的な治療方法だけでなく、期間・費用、お支払方法などあらゆる面でご納得頂けるよう、十分なカウンセリングを行います。

3)精密検査は矯正治療のファースト・ステップ

矯正治療の第1段階である精密検査。ここで、レントゲン、写真や歯型の採取、コンピューター分析を行い、貴方の口腔内をチェックします。

4)貴方だけの矯正プランを作成します

矯正治療は、患者さんの歯並びや発育状態により、使用する装置や治療期間などが異なります。

セカンド・カウンセリングでは、ファースト・カウンセリングや精密検査の結果を総合的に考え合わせ、装置や期間を決定いたします。

(歯並びがでこぼこな場合、治療期間は1年半~2年を目安にお考えください)

5)矯正治療がいよいよスタートします

装置を装着、矯正治療をスタートします。インビザラインを使用したマウスピース矯正とワイヤー装置を使用した治療法によって通院の間隔が変わるため、詳しくはお問合せください。

6)矯正後は定期的なメンテナンス

矯正治療期間が終了し、すっかり美しく生まれ変わった歯並びを手に入れた貴方。

しかし、人間の歯には元の位置に戻ろうとする力が働いており、治療後の状態をキープするためには、一定期間透明な装置を装着する必要があるため、移動終了後もメンテナンスをお受けください。

矯正治療は大人のエチケット

日本人は先進国の中で最も一番歯並びが悪いと言われております。その原因として、矯正治療の普及の遅れが指摘され続けてきました。

国内でも近年ようやくはと歯並びに対する関心が高まり、「矯正=大切なエチケット」という概念が育ちつつあります。

当院では、自分の健康や美に関心があり、矯正にご興味をお持ちの成人の方々に、より矯正を身近なものとしてお考えいただけるよう、努めております。

井澤歯科クリニックの矯正治療について

当院では、技工データをすべてコンピュータ上で管理し、矯正専門医による最新・最良の治療技術を導入しております。

治療には大切な時間と費用を投資するため、効果的であると判断すれば、時に外科的な治療も合わせておすすめする場合があります。

患者さんがお持ちの疑問や不安を治療前に全てクリアにして頂けるよう、また、患者さんの日常生活にできる限り負担のなよう、治療方法や治療にかかる費用や期間についてじっくりカウンセリングをさせて頂き、患者さんに十分ご理解頂いた上で、その方に合った治療プランを作成することをお約束いたします。

誰にも気づかれずに、綺麗な歯並びに

矯正歯科と言えば、口の中に金属のワイヤーが大きく張り出すお世辞にも美しいとはいえない状態を、年単位で維持する治療というイメージをお持ちかと思います。

当院では実績のある従来のワイヤー矯正も当然行っておりますが、仕事やプライベートで忙しい方々がこのワイヤーを1年以上口の中に入れた状態で過ごすのは心理的にも大きな負担ではないでしょうか。

そこで、近年開発された透明なマウスピースを使用する「インビザライン」という治療方法を推奨しています。マウスピースを装着しても透明なので目立つことがなく、注意して凝視しない限りマウスピースをしていることは対面で話していても少ないことでしょう。

好きな時に脱着できるなど様々なメリットがあるインビザラインですが、これは日々様々な人と会い、話をすることが多い仕事や趣味を持った方々に特にメリットの多い治療方法です。

インビザラインとは

インビザラインとは、コンピュータを用いて作製された透明なマウスピースを段階的(約2週間ごと)につけ替えることで、歯を動かす歯科矯正システムです。

マウスピースは患者一人ひとりのために、治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される矯正装置です。

透明な装置であるため、装着してもほとんど目立ちません。また、必要に応じて取り外すことができます。

インビザラインはこんな人にオススメです

インビザラインの特徴は、装置が透明なマウスピースであることです。

装着して日常生活を営んでも他人に気づかれることはほとんどありません。

自分で取り外すことができるため、従来のワイヤーを使用した矯正治療よりも非常に快適で気軽に行うことができます。

透明で、口元は美しいまま

インビザラインは薄い透明のプラスチックで出来ています。装着しても注意して覗きこまないとマウスピースだとわかりません。

したがって治療期間中であっても口元を気にせずに笑顔を見せることができ、誰も矯正治療中だと気づきません。

2週間ごとにマウスピースを順次装着することにより、理想的な歯並びへと近づきます。

自分で簡単に取り外せてとても快適です

自分で取り外しが可能なため、歯磨きしやすくいつも清潔にすることができます。

食生活もこれまで通り送ることができます。

従来のワイヤーで矯正治療を行う場合は、お口の中がむし歯になりやすい状況になってしまいがちですが、取り外しが可能なマウスピースで行えば、お口の中のケアも簡単で安心です。

独自のコンピュータシミュレーション

インビザラインは、独自の3D治療シミュレーションで作ったプログラムで、段階的に歯が綺麗に並ぶ状態までをシミュレーションしながらマウスピースを作製する技術です。

0.25㎜ずつ変化させたアライナーを2週間ごとに歯列に装着し、歯を0.25㎜ずつ動かしていきます。

3Dデジタル化された歯列から光造形(CAD/CAM)技術を利用して順次変化させたアライナー(マウスピース)を作製することは世界でもアライン社(米国)しか行っておりません。

治療のメリット

矯正治療特有の痛みはほとどありません

ワイヤーのの矯正装置を使用しないため、装置がお口の中で当たる痛みや、口内炎が生じることはありません。

矯正治療中は上下の歯を噛んだ時にアライナー全体に力が分散するため、移動中の歯に特に痛みを感じるということがありません。

新しいアライナーに交換した直後は締め付けられるような感覚(痛みと違和感の間くらいの感覚)がありますが、数分から数時間で消失します。

取り外しができてとても清潔です

アライナーは取り外し可能なため、歯磨きやフロスも普段通り行えます。

従来型の矯正装置のように装置と歯面の間にプラークが沈着することがないため、矯正中は歯や歯周組織の健康を維持できます。

また、アライナーは歯ブラシで簡単に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。

食事の時は簡単に取り外せます

食事の時は装置を外すことが可能なため、従来の矯正装置のように食事の度に食べ物が装置にからみつく煩わしさがありません。

食事制限がないため、普段通りの食生活を送れます。

金属アレルギーにも安心です。

インビザラインはプラスチィック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。

重篤な金属アレルギーの方でも安心して矯正治療を行うことが可能です。装置のこすれによる痛みはありません。

透明で目立たたないため、話すときも気になりません。

アライナーは薄く透明なため、歯につけていても目立たないのが大きな特長です。

歯茎までの薄くなめらかな装置ため、裏側矯正装置のような厚みや凹凸がなく喋りづらさや発音障害がありません。

接客業務などの仕事をされている方にも気軽に矯正を始めることができます。

きれいな歯並びのためのQ・A

Q:欧米人はどうしてみんな歯並びがよいのですか?

A:アメリカでは、矯正装置をつけることは一般的であり、むしろ一種のステータス表現とも言われています。欧米人の歯並びが良いと感じられるのは、美と健康に対しての意識が高く、予防的見地からも良い歯並びがもたらすメリットを充分認識しているためではないでしょうか。

Q:治療に際して痛みはありませんか?

A:ブラケット装着後、しぱらくの間は装置に対しての違和感があります。多少とまどいを感じますが、1-2週間で慣れるでしょう。1ヶ月に1度の来院で主にワイヤーの変換を行いますが、調整後は歯が少し浮いたような感覚を覚え、我慢できない程ではありませんが、噛み合わせ時に痛みを伴うことがあります。こちらは2-3日で解消します。

Q:大人になってからも矯正はできますか?

A:年齢と矯正治療はほとんど関係ありません。むしろ矯正治療ができるかできないかは患者さんの健康状態、特に歯と歯を支える組織の状態がポイントになります。特に20代30代の矯正人口は年々増加しています。

Q:矯正治療中歯磨きはどうするのですか?うまく磨けるのでしょうか?

A:むし歯や歯周病を予防する為に矯正治療をしているのに、矯正期間中にむし歯が出来てしまっては、矯正の意義が半減してしまいます。そのようなことがないよう、矯正中の歯磨きのコツを指導いたしますのでご安心ください。

Q:上下どちらかの気になる部分だけをちょっとだけ治すことってできるのですか?

A:症状によっては、M.T.M(小矯正)という治療が可能な場合があります。こちらは、装置を一部分だけに装着して行うものです。ただし、噛み合わせは上下の歯のバランスが非常に大切なため、一部分だけを動かすことによって機能的な障害を引き起こす可能性もあります。治療開始前に口腔内全体のきちんとした診断が必要です。

Q:短期間で歯並びを治す「クイック矯正」って何ですか?

A:「クイック矯正」とは基本的に歯を動かす治療ではなく、歯を削り、その上に人工的に製作したセラミック歯を被せるための処置で、歯科矯正治療とは考え方が異なります。矯正治療に時闘がかかるのは、人間の生体反応において、身体に負担をかけすに、適切な力で適切な位置に歯を移動させるためだからです。