義歯・入れ歯

治療のスタートはコミュニケーションから

来院される方は多かれ少なかれ不安をお持ちのことだと思います。特に、入れ歯に対しては心理的な抵抗のある方も多く、「相談しづらい」とお思いの方が不安や不満を持ったまま治療を受けていることが多々見受けられます。

皆様が安心して受診できるよう徹底したコミュニケーションを心がけ、治療の前に不安や疑問などは全て解消いたします。

その中で生活環境やライフスタイルなどを十分にヒアリングした上で、最適であると判断した場合に最も満足いただける治療方法をご提案いたします。

当院は治療の前後に関わらず、患者さんからの声を何よりも大切にしています。

歯を失ってしまった方に最適な入れ歯を

様々な事情で歯を失ってしまった場合、口腔内の状況によっては部分入れ歯や総入れ歯などを装着することがあります。

健康保険適応の場合は使用できる素材に制限がありますが、自費診療の場合はチタンやコバルトクロムなど素材の制限がなくなり、さらにフィット感の良い入れ歯を作成できます。

また、バネのないフレキシブルデンチャーや磁石式など様々な入れ歯をご用意しております。

当院では患者さんのご要望にそって、最適な入れ歯(義歯)をお作りします。

ノンクラスプエステティックデンチャー

フレキシブルデンチャー

バネのない入れ歯です。(金属を使用していない入れ歯です)

笑っても気付かれにくく装着感にも審美的にも優れています。
調整が困難というデメリットがあり、どこの医院でも作製できるものではありません。
金属アレルギーの方にも安心してご使用して頂ける入れ歯です。
当院で作製させていただくノンクラスプデンチャーは日本国内で作られるものです。

コーヌス義歯

コーヌス義歯は残っている歯に金属冠を被せてその上から入れ歯を装着します。

他の部分入れ歯のようにバネで他の歯にひっかけるような形式ではなく、残っている歯に内冠と呼ばれる冠を被せて入れ歯そのものの内部に作られた外冠と装着時に一体化するような構造になっています。

入れ歯と残っているご自身の歯が「一体化したように固定てきる」事が特徴です。

金属床義歯

金属床

金属を使用することにより、食べ物や飲み物の冷たい・温かいがすぐ伝わるため、美味しく食事をいただけます。また薄く作れるため、フィット感が増します。

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯

バネの代わりに磁石の力で固定する入れ歯で、ぴったり吸着します。
歯根に「磁性金属」を取り付け、入れ歯に「小型磁石」を埋め込み、この2つで固定します。

  • 磁石式の入れ歯は、
  • 装着・取り外しが簡単
  • 見た目に自然
  • お手入れが簡単
  • ピッタリと固定でき良く噛める
    • などのメリットがあります。

レジン床~はじめての方も安心~
保険でつくれる入れ歯

保険で作製できるピンクの入れ歯

レジン床とは、ピンクのレジン(プラスチック)で作られた一般的な入れ歯です。

保険で作製でき、入れ歯の調整や壊れた場合の修理が比較的簡単です。

入れ歯を新しく作った当初は、どうしても違和感やあたるところなどがでてきます。

定期検診にご来院下さい

お口やあごの骨の形は日々微妙に変化していきます。

入れ歯もそれに合わせて定期的な調整が必要です。

緩んでガタついた入れ歯は不便で見た目の悪いため、年に3~4回は定期検査をお受けください。