未分類

歯周病について

☆歯周病について

歯周病や虫歯を予防するためにいつも熱心に歯磨きしていただいていると思います。
しかし、歯磨きをして歯茎から血が出てくる時はありませんか?
それは歯周病のサインかもしれません。
歯周病についてテレビのコマーシャルでなんとなく聞いたことはあるけど詳しくは知らない。とおっしゃる患者さんも多いです。
そこで、歯周病とはどんな病気なのかということをまとめてみましたのでご参考にしていただければと思います。

歯周病は、歯を支えている顎の骨が溶けてしまう病気です。

まず、歯と歯肉の境目のことを歯周ポケットと言います。

この歯周ポケット内の清掃が行き届かないと、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉に炎症が起き、赤くなったり、腫れたり、出血したりします。

そしてそのままの状態が長く続くと歯を支える土台(歯槽骨)がだんだんと溶け、歯周ポケットの深さが深くなり、歯が動揺し、最悪の場合は抜歯をしなければいけなくなります。

歯周病の原因

口腔内にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。

これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったりすると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面に付着します。

これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強く歯磨きをしないと落ちません。

この歯垢は1mgの中になんと10億個の細菌が住みついていると言われており、歯周病の原因です。

歯垢は取り除かなければ硬くなり、短くて3日ほどで歯石と言われる物質に変化し歯の面に強固に付着します。 これは歯垢と違って固くなっているので歯磨きでは取り除くことができません。
そして、歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させてしまいます。

正しい歯磨きの仕方

歯の表面を磨くことは容易なのですが実は歯周ポケット内まで磨くとなるとコツが必要です。

まず、歯ブラシは出来るだけ毛先が細くなっているものを使います。
先が細いことにより、歯周ポケットに入りやすくなるからです。

次は歯周ポケットめがけて少し倒し気味に、小刻みにあてます。
できれば同じところに10回程当たることが望ましいでしょう。

全ての歯を丁寧に磨いていくと5~10分は時間がかかると思います。

歯周病と抵抗力

歯周病は細菌による感染症なので抵抗力の低下は進行に大きく関わりがあります。

年齢を重ねるにつれて、歯周病の罹患率が増えるのは、 20歳を過ぎると体の機能が低下し、抵抗力が下がることよって、歯周病が進行しやすくなるからです。
また風邪をひいたり、疲れたりしても抵抗力が下がるので、日頃は体の抵抗力でおさえられている細菌の活動が急激に活発になり、歯周病が進行しやすくなってしまうため、日頃から抵抗力を高めておくことが大切です。

具体的には

①充分な睡眠をとる
睡眠中は、免疫細胞の働きが活発になり、抵抗力が高まります。

②食事の栄養バランスを大切に

③入浴で身体を温める
ゆっくり入浴することで、体を芯から温め、体温を上げることで抵抗力が高まるそうです。
38~40℃ぐらいのお湯に、10〜20分ゆっくりつかることがおすすめです。

また、抵抗力を下げないために風邪予防をするという面では、このような時期なので日々して頂いていると思いますが、やはり手洗いやうがいは基本です。
帰宅した際や食事前などは必ず石鹸で手の甲、手のひら、手首指先、爪の間、指の間をよく洗い、アルコール消毒もしましょう。
洗っていない手で目や鼻、口などに触れないように注意いただいて、体にウイルスの侵入を極力防ぎ、風邪を予防しましょう。

歯周病予防について

以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を止めることが可能となりました。

歯周病の原因は歯垢ですから、それをなるべく溜めない、増やさないことが大切です。

そのためには、

1.正しい歯磨きの方法を毎日実行する。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切なことです。

2.歯科で歯肉の中まで入っている歯石を取り除く歯周病の治療をし、歯ブラシの毛先を歯周ポケット内に到達しやすくすること。(SRP(スケーリング・ルートプレーニング)といいます。)

3.健康な状態をキープするため、歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けること。

もし正しい歯磨きの方法をご存知でない方がいらっしゃいましたら、衛生士から丁寧にレクチャーさせていただきますので、気兼ねなくおっしゃってくださいね。

 

 

 

 

電話診療開始のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、この度歯科でも電話診療、処方箋の発行が可能となりました。

当院でも、どうしても来院が難しい既存の患者さんに限り対応することにしましたので、ご報告申し上げます。

電話診療での診断が困難な症状や、対面診療が必要とDrが判断した場合は、ご来院いただくか、お近くの歯科へ受診していただく事になります。

ご希望される方は、まず、お電話でお問合せください。

電話診療では、当院から直接お薬を郵送することは出来ません。

その為、処方箋の発行となります。

ご自宅近くの処方箋薬局にて、お薬を受け取っていただく事になります。

お薬の種類によっては、ご希望された薬局での取り扱いがない場合があります。

その場合は、他の薬局での受け取りになるか、受け取りまでに数日かかる可能性がありますが、ご了承ください。

虫歯について

☆虫歯について

突然ですが、質問です。

1.甘いものや冷たいものを口にすると歯がしみる。

2.舌で歯を触ると欠けや引っかかりを感じる。

3.歯の表面に黒や茶色の変色が見られる。

4.熱い食べ物、飲み物を口にしても歯がしみる。

5.なにもしていなくてもたまに歯がズキズキと痛む。

これらの中で思い当たる点がもしあれば、

それは虫歯かもしれません。

歯科で一度検診を行っていただく事をお勧めします。

さて、今日は虫歯についてお話ししていきます。

虫歯とは、虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌など)が作る酸により歯が溶かされてしまう病気です。ミュータンス菌は、糖分をエネルギー源として、歯を溶かす酸を作り出します。磨き残しのため歯垢が溜まってしまったり、糖分の摂取量や摂取回数が多かったりすると、細菌の活動が活発となり、むし歯になってしまいます。

虫歯になりやすい場所

虫歯の原因となる細菌は、歯垢の中に潜んでいます。

歯垢は歯磨きで除去できますから、正しくブラッシングを行うことで、虫歯を予防することができます。しかし、磨きにくい箇所には歯垢が蓄積しやすく、虫歯になるリスクは高くなります。

さて、虫歯になるリスクが高いところはどこなのでしょうか。

大きく分けて3つあります。

1.歯の咬む面の溝

溝には歯垢が溜まりやすく、除去しにくいためです。

歯ブラシをこのように当てて溝の汚れを落としてあげてくださいね。

2.歯と歯茎の境目周辺

歯ブラシが当たりにくい部分で神経までの距離が近く、柔らかい性質なので虫歯になると神経まで達するのが早いです。

3.歯と歯の間

歯ブラシ一本だけでは落としきれないため、フロス(糸ようじ)や、歯と歯の間が広い方は歯間ブラシの併用をお願いします。

虫歯になりやすい生活習慣

●歯みがきは1日1回以下

歯にプラークがたまりやすくなり、虫歯菌の増殖を招きます。

●間食やだらだら食べることが多い

歯にプラークがたまりやすくなり、虫歯菌の増殖を招きます。

●甘いものをよく食べる

虫歯菌は糖分を餌にするため、虫歯菌の増殖を招きます。

●しばらく歯科に行っていない

気づかないうちに虫歯になっている可能性が高くなります。

虫歯になりやすい口腔環境

●口の中がよく乾く

殺菌作用のある唾液が不足しているため、虫歯菌が住みつきやすくなります。高齢者などで複数の種類の薬を使用している場合、副作用で口の中が渇くこともあります。

●歯並びが悪い

歯のみがき残しが多くなるため、虫歯になりやすくなります。

●歯周病がある

歯茎が下がり、歯と歯の間に隙間ができてしまうため、みがき残しをしやすくなります。

●かぶせ物や詰め物が多い

詰め物と歯の間に隙間ができやすいため、虫歯になりやすくなります。詰め物の内側に虫歯ができる場合もあり、進行に気づきにくく、注意が必要です。

虫歯は放っておくともちろん進行してしまいます!症状が出るのは、かなり進行してからです。

初期の浅い虫歯なら簡単な治療で済むのですが、深くなってしまうと治療が複雑になり、治療回数がかえって多くなってしまいます。虫歯が歯の根まで浸食してしまうと最悪の場合、抜歯になってしまうケースもあります。

定期検診に来ていただくことももちろん大切なことですが、日々のケアもとても重要なことなので、もし正しい歯磨きの方法をご存じでない方がいらっしゃいましたら、衛生士から丁寧にレクチャーさせていただきます。