定期健診に関して

今年も残すところ3カ月となりました。最近はめっきり肌寒くなりましたが、体調をくずされたりしていないでしょうか。

当院では引き続き常時4面換気、縮小診療をさせていただいています。

院内エアコン等空調換気設備も稼働していますが、換気のため、例年より診療室内が寒く感じる方もいらっしゃると思いますので、温かい恰好でご来院ください。

また、例年は各ユニットにひざ掛けをご用意させていただいておりましたが、今年は感染対策の為,、撤収しております。必要な方はスタッフにお声がけください。

さて、久々のブログ更新となってしまいましたが、最近よくメディアで見かける「定期健診の先延ばし」について少しお話させていただこうかと思います。

コロナ禍による定期健診の先延ばしによって、症状の悪化や進行がメディアで取り上げられているのを最近よく見かけます。

これは医科に限らず、歯科でも多くみられており、実際、現場の私達も実感しているところであります。

今年は新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、在宅ワークの患者さんも多くなりました。そのことによって、定期健診を見送られていた方も多く、特に公共機関を使って遠方からご来院いただいていた患者さんは「行きたいけどもう少し様子をみたい」そんなお声をお電話でよく聞きます。ご来院の難しい方は当院HPのブログにホームケアの記事がありますので、参考にしてください。

久々にご来院いただいた患者さんのお口を拝見すると、生活習慣の変化もあり、以前よりも口腔環境が悪化している傾向がみられます。中には虫歯が進行していたり、歯周病が悪化している方もみられ、しばらくいらしていない方の状況を、心配しております。

最近「症状が出てしまった」と、何か起きてからお電話をいただく事が多くなってきました。

例年であれば定期検診で発見、治療が出来ていたものが、重症化するようなケースも見られます。

このコロナ禍で、どういうふうに口腔内のメンテナンスをするのが、患者さんの為になるのかをスタッフ一同で話し合いをしたりもしています。

ずっと継続して、診させていただいていた患者さんに関しましては、本来であれば、今までの経緯なども把握しておりますし、これからも拝見させていただきたい。

ですが、遠方であったり、通院がどうしても難しい患者さんに関しましては、通院しやすい歯科医院に一時的に転院をしていただく方が、長い期間ケアをしない状況よりはいいのかもしれないという意見も出ております。

転院のご希望の場合、口腔内の状況をお伝えした方がいいと思いますので、一度ご連絡をいただければと思います。

口腔内の健康は全身の健康に携わるものです。

長期に渡り定期検診に来ていただいていた患者さんに何事もないよう、スタッフ一同願っております。

また、年末に近づき控えていた定期健診のご予約をしてくださる患者さんも多くなってきたように感じます。

縮小診療もあり、ご予約が少し取りずらくなってきていますので、お早目にご予約をお願いします。