定期検診にいらっしゃれない方へ

常日常、熱心にブラッシングしていただき、特に定期的メンテナンスにいらしている方は、今回の様に期間があいてしまう事に、不安を感じているのではないかと思います。ケアをさせていただいている衛生士としても、大変心配です。そこで、ご自宅で出来る口腔ケアとケース別の注意点、虫歯、歯周病になりやすい生活習慣をまとめてみましたので、ご参考にしていだければと思います。

ホームケア

日常、忙しい中では難しくても、ご自宅にいる時間が長い今であれば、いつもより少し長い時間をかけたホームケアが可能かもしれません。

特に補助器具は継続は難しい方もいらっしゃると思います。

その理由の一つとして、時間がかかって面倒だという意見をよく聞きます。

ですが、毎日続ける事によって、習慣になれば時間も短縮できると思います。

それぞれの注意点をまとめてみました。

ブラッシング

歯ブラシの選び方

普段、当院で歯ブラシを購入されている方が、市販の物を購入する際に参考にしてみて下さい

①テーパー加工毛

1本1本の毛先が細い為、歯周ポケット内や歯間部にアプローチしやすい形態です

②縦の列が3列くらいのもの

ヘッドが小さい為、奥歯や細部にアプローチしやすくなります

③毛先が硬すぎないもの

毛先が硬すぎると歯と歯間に過度なストレスを与えてしまうだけでなく、コシがあり過ぎて柔軟に歯間に入り込みづらくなります。逆に柔らか過ぎると今度はコシがなく刷掃力に欠けてしまう場合があります。

目安として交換時期は1〜2ヶ月ですが、後ろから見て毛先が見えているようなら、その前でも交換してください。開いたブラシは磨く効率を低下させてしまいます。

クリーニングをしていて、大半の方が磨けていないのが、上の1番奥の歯の後ろ側です。つい、忘れてしまいやすいことと、口を大きく開けて磨くと、顎関節が邪魔をして届きにくいので、口を少し閉じ気味にして、頬の緊張をといて磨いて磨いてください。

2番目に多いのが、下の奥歯の裏側です。

舌がある為、磨きにくいのが原因かと思われます。

人間の反射機能として、舌に物が当たると押し出してしまう事があります。舌を除けて磨こうと思っても、手や足と違って、普段意識していない為、最初は難しいので、慣れるまでは鏡で確認するといいと思います。

3番目に多いのが、上の前歯です。唾液線が少なく乾燥しやすい歯だからです。口唇に押されて磨きにくいですが、鏡で見える場所なので、口唇を指で持ち上げ、鏡を見ながら磨いてみてください。

歯周病で歯茎が下がっている方は根本の虫歯のリスクが大変高く、歯は根に向かうほど細くなっていく為、根本から虫歯になってしまうと神経に達するのが早いので注意が必要です。

デンタルフロス(糸ようじ)

普段使っている方も見落としがちなのが、歯と歯の間のくっついているところの下の部分です。

一箇所の歯間には左右二箇所の刺繍ポケットがあり、その部分まできれいに出来るのが理想的です。その際、歯茎を傷つけないように、慎重に行ってみてください。

下の前歯は唾液線が近い為歯石がつきやすく、気になる方が多いと思いますが、一箇所に対してフロスをする回数を多くし、こそぎ取るように行うと、沈着するスピードを遅く出来ます。

歯間ブラシ

歯間ブラシを使っている方で多いのが、爪楊枝のように使ってしまう方です。食べ物を取るのは大事ですが、本来除去したいものは、歯垢であり、細菌の塊です。歯の側面にそわせて、側面を磨くようなイメージで行ってください。

タフトブラシ

歯が小さい方、歯並びがあまりよくない方、矯正中の方、親知らずが斜めに生えていたり、歯茎がかぶっている方は歯ブラシに追加して使うと歯垢除去率がアップします。

電動歯ブラシ

既に使用してる方もいらっしゃると思いますが、電動歯ブラシ単独で全ての汚れを除去するのは難しいです。歯面がツルツルするので、一見綺麗になった気がしますが、虫歯になりやすい歯間や歯の根本の部分までは磨ききれない場合が多いです1日の中で、手用の歯ブラシや補助器具の併用をお勧めします。

洗口剤

うがいで、歯周ポケット内の細菌を除去することは出来ないということが分かっています。うがいだけでは歯磨きの代わりにはなりません。あくまで、綺麗に磨いた状態を維持する為、補助的に使うようにして下さい。

井澤歯科クリニック

衛生士一同